本文へスキップ

さいたま市PTA協議会 オフィシャルwebサイト

さいたま市PTA協議会についてHEADLINE

| 会長挨拶 | 役  員 | 会  則 | 組 織 図 | 事業計画 | 学校名簿 | 事 務 局 | スケジュール |

基本方針・活動目標

  教育の原点は家庭教育です。
学校教育・地域社会と共に子供の安心・安全を全体で見守っていけるよう関係団体と連携を密にしながら、PTAに期待される今日的課題解決に向けて具体的に活動する。
 人権尊重を基本とする教育環境・社会環境の整備に努め、いじめ・不登校・青少年犯罪の防止に向けて、家庭を軸に、学校と地域が一体となり、思いやりの心・倫理観・模範意識を育成する。
 

基本方針

  1. さいたま市の宝である子供たちの健全育成を目指し、共に学び、共に成長出来るPTA活動を実践する。
  2. 会員一人一人が目的・目標を堅持し、家庭・学校・地域で子供たちへの教育力を高める活動を推進する。
  3. 平和で人間性豊かな社会を目指し、子供たちの笑顔あふれる環境づくり・地域づくり・未来づくりのために団結してその活動を推進する。

活動目標

  1. 子供たちの豊かな心とたくましい心身を育てる地域活動を推進し、地域の諸行事に積極的に参加し、ふれあいの輪を広げる。
  2. PTA協議会の事業を通し、広い視野を持って、会員並びに各方面の参画を図る。
  3. 各連合会との情報交換を密にし、子供たちの幸福な成長を目指し、支援活動に努める。
  4. PTA活動に関する情報を広報誌・ホームページ等を活用し、啓発に努める。

会長あいさつ

さいたま市PTA協議会


平成30年度 会長:青羽 章仁(あおば あきひと)

地域・学校・PTA
〜つ・な・が・る〜
  昨年度に引き続き会長を務めさせていただく事になりました。今年度も皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 PTAとは、『できる時に、できる人にやってもらえる いろんな参加の仕方をお互いに認め合える 無理のない 子どもたちのための活動組織』と考えています。昨今の夫婦共働き社会や女性の社会での活躍を受けて、家庭の在り方や生活スタイルは昔と変わりました。多くの人が参加しやすく、楽しく活動することによって組織の活性化がはかれると思っています。

 時代の変化に対応し、PTA活動の在り方を改革・工夫し、さいたま市スタイルを確立させたいです。

 近年、学校を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。文部科学省は次世代の学校・地域創生プランを策定し、一億総活躍社会の実現と地方創生の推進のため、学校と地域が一体となって地域創生に取り組めるよう様々な施策を示しました。この施作のコアとなる方向性は、学校を中心に据えれば、社会に開かれた教育課程の実現・地域とともにある学校へのまちづくり・次代の強度をつくる人材の育成・地域で家庭を支援し、子育てできる環境づくり・学び合いを通じた社会的包摂をめざしているものと言えます。

 子どもたちの生活そのものが地域に根差しているわけですから、大切な子どもたちが学ぶ学校と育つ地域の間を取り持つのは私達PTAであり、学校と地域を結ぶ橋渡し的な存在としてPTAが果たすべき役割はとても大切だと考えています。社会は私たちPTAの活動に大きな期待を寄せていると言っていいのではないでしょうか。

 今まさに、地域・学校・保護者の連携が大きく求められています。そういったことから、私たちPTA協議会で今年度は『防災』をテーマに行政・地域・学校・保護者との連携を通じて、真に実のある地域防災を具現化していきます。PTAとしてどんなことができるのかを、さらに具体的に考えていきたいです。

 行政や学校が用意している子どもたちの教育・安全・安心に関わるシステムがうまく機能しているか、活用されているかを、一番子供に近い立場である私たちが確認し、声を上げていくことが子どもたちを守っていく結果につながると思います。
 行政や学校とのいい信頼関係・人間関係ができているば会員の声も届きやすくなるはずです。

 人間関係を大切にし、子どもたちの為の活動に力を入れていきたいと思っています。


■さいたま市>>PTA活動について

トップ概要会長挨拶役員会則組織図事業計画学校名簿事業内容活動報告広報紙スケジュール事務局